ベランダの楓の葉がズイブン生い茂ってきたので、樹形を整えるのを兼ねてちょっくら散髪。
部屋にしても書棚にしても枝葉にしても、整理すると風通しが良くなり気持ちいいモンです
Img_82b83c10fc00d7a18ba884f7889d0d12
Img_0f5c4a843a105aae24be575e37d4c16d
Img_1c701c485c69bdc573e6acd0000ae82d
Img_89ac607cbf967f67fbf273e69fd0269e
オクサンが昼ご飯にハンバーガーを作った。見様見真似でこしらえたにしては
某巨大バーガーチェーンに勝るとも劣らない味わい。マツダナルドと名付けよう。
ところでハンバーガーという食べ物を初めて知ったのは
小学生の頃に米のTVドラマ「がんばれベアーズ」を観ている時だったと思う

青春カーニバル (Click!) 
東京から母の古里である北海道の十勝へ移り住む事になった小4の太郎。
不本意なこの引っ越しに消極的だった太郎は中々田舎暮らしに馴染めないでいるが
近所に住むぶっきら棒だが面倒見のいい春子の手助けによって徐々に溶け込みはじめる。
二人は日毎に親しくなっていくが、春子は一方で「魔法使いみたいな」と揶揄される
祖母との二人暮らしをからかわれている子でもあった

そんなある日、同級生男子らの春子に対するいつもの冷やかしに太郎はつい乗ってしまう。
冬休みの間その事に苛まれた太郎は休み明けに謝ろうと春子宅を訪ねるが
痴呆がはじまった祖母と既に転居した後。玄関先に春子が太郎に残していったものとは

最近you tubeで聴いたラジオドラマです (Click!) 
露ワールドカップ。今大会も小さな喝采を浴びる日本人のゴミ拾い行動及び、
敗戦後の日本代表のロッカールーム。きちんと整理されゴミ一つ落ちておらず
残して帰ったのはロシア語での「ありがとう」の書き置き。 (Click!) 
歳の所為かこういう出来事に泣けるようになってきた
Img_f9cad1f13275177dc574b58053593749
「今日の晩ご飯なにがいい?」ウチのオクサンが時々私に訊く台詞。
「なんでもええよ」とはいつもの私の回答。この返しにはどうやら賛否あるらしいが
私的にこんなヒャクパーな回答はないと思う

ナンタラのアクアパッツァ食いたいわとかコレコレのテリーヌ作ってぇな
等といわれると世間の大方のおヨメさんは困るんじゃなかろーか。
「なんでもええよ」とは何が出て来ようと必ず残さず食べるという声明なのだから
Img_35cdf444147cea98659a4bbef364713b
お前どう思う?